unominews’s blog

鵜呑みにするのは危険なネットNEWS!“鵜呑み”にしても安心なUNOMINEWS‼️

朝日新聞の「ブレーキ痕なく、アクセルペダルの障害もなし 池袋事故」 の報道に異議あり‼️

    今どきの車はABS(アンチロック・ブレーキ・システム)装着車なのでブレーキ痕の残る車はまずないといえる。

 

    ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)は「(中略)最近ではトヨタ・プリウスといった最新のハイブリッドカーに見られるように、4チャンネル・マルチモード・マルチポジション弁(比例弁)・圧力併用フィードバック・個別制御といったきめ細かなABSへと進化してきている。また、トヨタ自動車ではABSとEBDのほかVSC(横滑り防止装置)やTRC(トラクションコントロールシステム)などを統合制御する「VDIM」(統合車両姿勢安定制御システム)など、更に高度なシステムを開発・導入している。またABSの呼称が統一されていない頃は概ね30万円ほどの高価なオプションであったが徐々に価格も下落し、現在では後述の義務化もあって広く標準装備されるようになった。」出典:ウィキペディア「ABS」

 

    実例がある。実際に起こった交通事故現場で、加害車ノーブレーキ立証のため現場検証したがブレーキ痕はなかった。改めて60kmのスピードで自走しブレーキテストもしたが、やはり残らなかった。

 

    朝日新聞は、さもブレーキをかけてなかったかのように見出しを打ったが、その根拠は⁉️ 記事を読めば、警察への取材でブレーキ痕がなかったことは確認したようだが、それはブレーキをかけなかった証拠ではないことまで取材しなかったのか?

    少なくとも読者に誤解を与える記事であることは確かだ。仮に、それを知りながら見出しを打ったとすれば、87歳の加害者バッシングを煽る記事を掲載したことになる。出典:朝日新聞DIGITAL

                      https://www.asahi.com/articles/ASM4N31YMM4NUTIL001.html

f:id:unominews:20190422102807j:plain

「ブレーキ痕なし・・・」とさもノーブレーキの証拠のように報じた朝日新聞DIGITALの画面写真を引用



    「ブレーキ痕無し=ブレーキをかけなかったは間違い」というのが被害者、加害者双方に公正な見方である。

 

    確かに、ブレーキ痕があれば

    “ブレーキをかけた状況を証明する証拠”になる。

    しかし、その逆 “ブレーキをかけたら必ずブレーキ痕が残る” とはいえないのだ。警視庁がノーブレーキと判定したとしたら、それは、ドライブレコーダーや目撃者の情報によってであり、さいばんで証拠採用されない “ブレーキ痕がなかったこと” ではないはずだ。

 

    ちなみに、法務・税務・労務などの問題解決エンジン「KASICO」にも

『ABSではブレーキ痕が残らない』従来、危険認知速度や停止距離は交通事故現場に残っている事故を起こした車両のブレーキ痕(タイヤ痕、スリップ痕ともいう)の長さなどから分析・逆算して算出し、それを事故調査や過失割合の算定等に用いていた。

    しかしながら昨今では、自動車の多くにABS(アンチロック・ブレーキ・システム)が搭載されており、ABSを搭載している自動車であれば、その性能によって、急ブレーキをかけてもブレーキ痕はほとんど残らなくなっている。

    ※ABS:急ブレーキを試みた際に、車輪がロックされてスリップするのを抑制する安全システム。ブレーキングでタイヤのロックが始まると、ABSは自動的にブレーキ圧を緩めてロックを解消する。この一連の動作を短時間に繰り返し行うことで急ブレーキ時でもハンドル操作が行いやすくなるため、障害物を回避する可能性が高められる。このABSによってタイヤが完全にロックされないため、ブレーキ痕が路面に残りにくくなる。」出典:KASICO 交通事故における危険認知速度と停止距離

 

    以上の情報を総合すれば、朝日新聞の報道は、少なくとも読者に誤解を与える記事または87歳の加害者バッシングを誘導しかねない記事と言わざるを得ない‼️

朝日新聞編集部やいかに⁉️

以上

 

鳩山由紀夫くんの「元首相」の肩書き使用自粛を勧告する“衆参両院決議案”に賛成⁉️

    北朝鮮🇰🇵が、鳩山氏を高く評価しているそうだ。在任当時、鳩山由紀夫くんを支持された方、民主党を支持された方でも、流石に『その人(鳩山氏)をわたしは知らない‼️』と三回答えそうな迷走ぶりだ。

f:id:unominews:20190421153007j:plain

鳩山由紀夫氏(同氏のツイッターから写真引用)



    わかりやすくいえば北朝鮮版『人民日報』すなわち「朝鮮労働党機関紙『労働新聞』(17日付)は論評で、鳩山氏の『分断責任発言」のほか、いわゆる徴用工や慰安婦の問題などについても日本が謝罪すべきだと表明したことを『朝鮮民族に大きな不幸と苦痛を浴びせつつも、その責任を回避しようと躍起になっている日本当局に与える忠告だ』と指摘した。」と産経新聞が報じた。「北朝鮮も鳩山氏を『評価』

出典:THE SANKEI NEWS 2019.4.19 20:11

 

    分断責任発言とは、同紙によれば「鳩山由紀夫元首相が3月末、韓国ソウルでの講演で『特に日本は朝鮮半島の南北分断に大きな責任を有している』と発言したことが、北朝鮮から評価されている。」ことだそうだ。

 

    日本人を拉致した北朝鮮にだ⁉️「拉致」ということばは使われ過ぎてその非道さが伝わらなくなりつつあるような感さえある。

 

    我が子がある日突然、ほんのわずか目を離した隙に拐(さら)われてしまったのだ。しかも「朝鮮民主主義人民共和国」🇰🇵という国家によって。

 

    犯人も分からず、理由も分からず、生死すら分からない、やり場の無い苦しみの中で、駅頭に立ち“尋ね人”のビラを配り続けた家族の想いが分からぬ親はいないはずだ。

 

    その国に評価される鳩山由紀夫くんとは何者なのか⁉️

 

    北朝鮮は、韓国が受けた1080億円(現在では数兆円か?)以上の経済援助を要求しているが、拉致被害者とその家族の長年にわたる苦しみを思えば、払いたくないと思う人は決して少なくはないだろう。

 

    日本は“敗戦国”(1945年)だ。サンフランシスコ講和条約締結(1951年)前であって、対外的に何の権限もない被占領国家が、1950年に起こった「朝鮮戦争」とその結果である「南北分断」に「大きな責任を有している」とはどこから出てくるのか⁉️

 

     生まれる前の出来事にまで責任❓❓❓    国民の多くが持つ素朴な疑問だろう。

 

    鳩山氏のあまりにも歴史的事実を無視した発言は、“元総理大臣”ゆえに北朝鮮は利用し放題だ。妄言に振り回される国民にとっては、迷惑この上ない。こんな人を、いっときでも総理大臣として仰いでいたことが恥ずかしくなるほどだ。

 

   今さら総理大臣にしたことを後悔してもどうしようもない。

 

    そこで、一つ、突拍子もない提言をしたい。

 

    この際、日本の国民利益に反する言動を繰り返す鳩山由紀夫くんの“「元首相」肩書きの使用自粛を勧告する決議案”を採決してはどうだろうか。

 

    国連には「安全保障理事会非難決議」がある。日本には、参議院の問責決議案、現職国会議員に対する衆参両院本会議や議院運営委員会での辞職勧告決議案があるが、いずれも拘束力はない。なくとも結構だ。

 

    韓国軍による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題や元徴用工らに関する問題などをめぐり日本と韓国の関係悪化が深刻化する中、国会での「韓国非難決議」が真剣に検討されたことがある。これは、戦争覚悟でないとできないことだが、鳩山氏は身内だ。

 

    国益を害する発言を放置すれば、つけ込む隙を与える。日本国民が議会を通じて一致して「元総理たるものの正当な発言とは認めない」とアピールすることは先制防衛の大きな意味がある。

 

    周辺国が一番恐れているのは、官房長官談話でもなく、大手マスコミのコメントでもない。日本の国民世論が一致することだ。その意味で、拘束力の弱い内容で十分だ。例えば

    1  国会本会議での使用自粛勧告決議

    2 議院運営委員会での使用自粛勧告決議

    3 議院運営委員会合意による使用自粛勧告議長声明発表

    4 同合意による使用自粛勧告委員長声明発表    etc

 

 

    “この際、賛成者の起立を求めます⁉️”  

 

 

 

 

 

 

 

 

鳩山由紀夫

 【ソウル=名村隆寛】鳩山由紀夫元首相が3月末、韓国ソウルでの講演で「特に日本は朝鮮半島の南北分断に大きな責任を有している」と発言したことが、北朝鮮から評価されている。

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」(17日付)は論評で、鳩山氏の「分断責任発言」のほか、いわゆる徴用工や慰安婦の問題などについても日本が謝罪すべきだと表明したことを「朝鮮民族に大きな不幸と苦痛を浴びせつつも、その責任を回避しようと躍起になっている日本当局に与える忠告だ」と指摘した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北朝鮮は13日にも、平壌放送が論評で鳩山発言を報じ、「過去清算が日本政府の回避できない歴史的課題だということを再び強調したものだ」と訴えた。朝鮮半島分断の日本の責任にまで踏み込んだ鳩山発言は、韓国だけでなく北朝鮮からも支持され、政治的に利用されそうな雲行きだ。決議案に賛北朝鮮も鳩山氏を「評価」

出典:THE SANKEI NEWS 2019.4.19 20:11

 

 

 

 

 

鳩山由紀夫

 【ソウル=名村隆寛】鳩山由紀夫元首相が3月末、韓国ソウルでの講演で「特に日本は朝鮮半島の南北分断に大きな責任を有している」と発言したことが、北朝鮮から評価されている。

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」(17日付)は論評で、鳩山氏の「分断責任発言」のほか、いわゆる徴用工や慰安婦の問題などについても日本が謝罪すべきだと表明したことを「朝鮮民族に大きな不幸と苦痛を浴びせつつも、その責任を回避しようと躍起になっている日本当局に与える忠告だ」と指摘した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北朝鮮は13日にも、平壌放送が論評で鳩山発言を報じ、「過去清算が日本政府の回避できない歴史的課題だということを再び強調したものだ」と訴えた。朝鮮半島分断の日本の責任にまで踏み込んだ鳩山発言は、韓国だけでなく北朝鮮からも支持され、政治的に利用されそうな雲行きだ。

トランプ米大統領『令和』の時代最初の国賓‼️5月22日〜26日来日予定閣議決定‼️

 

f:id:unominews:20190419141426j:plain

トランプ米大統領の『令和』初の国賓来日を発表する菅官房長官

    本日(19日)午前の閣議後会見で、菅義偉官房長官は「新たな令和の時代における初めての国賓としてトランプ夫妻を迎えることは、日米同盟の揺るぎない絆を象徴するものだ」と、トランプ米大統領国賓としての来日が閣議決定された旨発表した。

 

    皇太子殿下が新天皇に即位後初の会見となる。

 

    『令和』最初の国賓が、中国でもロシアでもないトランプ米大統領に決まったことは、日本の防衛、経済両面での米国重視の姿勢を改めて鮮明にする狙いがある。米国にとっても、中国封じ込めの“扇の要”重視の姿勢を内外に明確に示したものといえる。

 

    会見の記者からは、今月26、27日の日程で米国を訪問、6月28、29日にも大阪での主要20カ国・地域(G20)首脳会議のため来日予定と、異例の3カ月連続の首脳会談について質問が飛んだが、菅官房長官は「日米同盟の揺るぎない絆」を再度強調した。

 

 トランプ米大統領の来日は2017年11月から一年半ぶり2回目となる。

 

    先日(4月11日)、わざわざアメリカを訪問した韓国『文在寅(ムンジェイン)大統領』との”米韓首脳会談“をわずか2分で終わらせた直後だけに、

 

    トランプ米大統領のアジア政策に対する並々ならぬ姿勢と

 

    韓国の”二股膏薬外交“(あっちへ付いたりこっちへ付いたり定見のない姿勢)に対する尋常でない苛立ちがうかがえる。

世界遺産『ノートルダム大聖堂』炎上‼️尖塔炎に倒壊‼️世界に発信された、心打つ祈りの姿🙏

    フランス時間の4月15日夜、日本時間の16日未明の『ノートルダム大聖堂』炎上のニュースは世界中を駆け巡り、鎮火した現在も、大火災の原因究明が行われている。

 

⑴ 深い悲しみに包まれるフランス

 

    現場周辺で、深い悲しみの中、静かに、ひたすら祈りを捧げる若い女性の姿が一際目を引いた。

f:id:unominews:20190417161455j:plain

ツイッターのNIKKEIニュース映像の中のAP提供写真を引用



    情報を総合すると、今のところ人は亡くなっていないようだが、『ノートルダム大聖堂』は、850年前の1163年に着工したゴシック建築(尖塔型アーチとそれを支える構造及びそれによって可能になった大きなステンドグラス装飾美を特徴とする様式)を代表する建物。

 

    1991年に周辺の歴史的な建築物などとともにユネスコ世界文化遺産』に登録されたフランス人のカトリック信仰の中心である。

 

    人口の約70%がカトリックというフランス。日本人にとっては『伊勢神宮』が炎に包まれたようなものだ。フランス人の信仰の深さが伝わってこよう。

 

    約90メートルの尖塔崩壊の映像は、アメリカ ニューヨークの「⒐11テロ事件」で崩落するワールド・トレード・センタービルの映像に匹敵するショックを全世界に広げたといえよう。

f:id:unominews:20190417161726j:plain

ノートルダム大聖堂』の尖塔が火災で倒壊する瞬間の写真をNIKKEIニュース映像から画面引用

⑵ 観光客の多さからの危機管理の甘さ原因か⁉️

 

    映像の中で、消防隊がホースを引っ張って消火をしようとしている姿が映し出された。こちらも信じられない光景だった。

 

    国の宝である建造物だ。『世界遺産』にも登録された。火災には万全を期してあるはずだろう。

 

    京都東寺の国宝『五重塔』のすぐ側には、放水銃が設置されており、ホースを引いて行かなくても高圧放水銃の水が五重塔全体を水膜で包み消火できるようになっている。

 

    また、東寺職員の説明によれば「五重塔は高層建造物であるため、境内に地下式貯水槽と高圧用・低圧用の大型消火用エンジン・ポンプが2台設置されています。そこから配水管を境内一円に埋設し、文化財建造物の近辺には放水銃を配備して、火事が発生した際には自衛消防団が消防局到着前の初期消火を行います。また、東寺では自衛消防団京都市消防局、地元住民の協力により、定期的に消火訓練も行っています。」という。出典:立命館大学ホームページ2017.03.02 「東寺見学ー文化財の防災対策・・・」

 

    改修工事の何かが火災の原因のようだが、『世界遺産』になったこともあってか年間およそ1200万人という膨大な観光客の対応に追われて、危機管理が甘くなっていたとしたら、真剣に祈るフランス国民に申し訳ないではないか⁉️

 

⑶ カトリックの権威崩壊の予兆か⁉️

 

    「ノートルダム大聖堂』といえば、1831年に出版されたヴィクトル・ユーゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』(Notre-Dame de Paris)、邦題『ノートルダムの鐘つき男』で知られている。」(適切でない表現は改めた)

 

    「舞台は荒んだ15世紀(1482年)のパリ。教会の持つ権威が、弾圧と排除を生み出す時代の物語だ。『ノートルダム大聖堂』の前に、一人の醜い赤ん坊が捨てられていた。彼は大聖堂の聖職者に拾われ、成長して、ノートルダムの鐘つき男となる。

    パリにやって来た美しいジプシーの踊り子に、心を奪われた聖職者は、彼女が恋をした衛兵を刺し、衛兵殺害未遂の濡れ衣を着せられた彼女は、魔女裁判の元に死刑が言い渡される。

    鐘つき男は自分をかばってくれた彼女を救い『ノートルダム大聖堂」にかくまう。聖職者はパリの暴動の矛先をノートルダム大聖堂に向けさせ、混乱の中、助命と引き換えに愛人になるよう迫るが、彼女に拒まれた聖職者は、彼女を衛兵に引き渡し、彼女は処刑される。

  

    大聖堂の塔の上からそれを見届ける聖職者を、鐘つき男は塔から突き落として殺す。

    数年後、処刑場を掘り起こすと、白い服装をしていた彼女と思われる白骨に、異様な骨格の男の白骨が寄り添っており、それらを引き離そうとすると、砕けて粉になってしまった。」出典:ウィキペディアノートルダム・ド・パリ

 

   ビクトル・ユーゴーが描こうとしたキリスト教会の権威の象徴が、この『ノートルダム大聖堂』なのである。

 

    そして、その「聖職にある者」が、愛欲にかられて人を刺し、「美しいジプシーの踊り子」に罪をかぶせて死に追いやった挙句、虐げられた「鐘つき男」によって突き落とされた尖塔こそが、焼け落ちた「尖塔」なのだろう❓

 

    フランスは「カトリックの長姉」といわれるほどカトリック信者が多く、その信仰も深いという。『ノートルダム大聖堂』は、まさに、その象徴といえる聖なる教会だ。だからこそ国民は打ち拉がれ、祈ったのではないか。

 

    テロによって倒壊したアメリカのトレードセンタービルは、アメリカ経済の象徴。世界を動かす超大国アメリカの誇りでもあった。

 

    キリスト教界の象徴である『ノートルダム大聖堂』の大火災が、トランプ米大統領イスラエル大使館のエルサレム移転決定、「ゴラン高原イスラエルに主権」発言とリンクしてユダヤ教イスラム教、キリスト教のバランスに微妙な影を投げかけはしまいか⁉️ 世界情勢の不穏を予兆させる事件であるだけに、今後の中東情勢が注目される。

 

以上

速報❗️タイガー・ウッズ(43)、2005年以来、14年ぶりマスターズ優勝‼️“悟り”のゴルフ

続報。

f:id:unominews:20190415055436j:plain

マスターズ最終結果(BBCの画面写真を引用)

    14年間の苦難を乗り越えて、五度目のグリーンジャケットを決めた瞬間タイガーは、天に向かって両手を突き上げて咆哮した。腕力だけではなく、映画「スターウォーズ」のいうようなフォース(精神力)で勝ち取ったところに大きな意義があると言えるのではないか。真の “マスターズ・チャンピオン” の座に着いたともいえよう‼️

 

    日本の松山選手はトータル3アンダーの32位だった。

 

    4月11日から四日間、アメリカ「オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ」(パー72、8,130ヤード)で開催されていた「マスターズ選手権」は、タイガーウッズ(米)がトータル13アンダーで2位のダスティン・ジョンソン(米)らと1打差でフィニッシュし、二クラウスに次ぐ五回目の優勝を果たした。

 

    経験力や精神力は、時には腕力や若さを凌駕することを示して、マスターズ世代やシルバー世代を元気づける偉業ともいえるだろう。

 

    4月15日日経新聞は「最後のパー5の15番も確実にバーディー。その瞬間、今大会初めて単独首位に躍り出た。『自分のゴルフに集中できたのが大きい。冷静さを保つことができたのが一番』。かつては先行逃げ切りを得意としたウッズにとって、年の功を重ねた新境地ともいえる珍しい試合運びでメジャー15勝目を飾った。」と同じ見方を示した。出典:日本経済新聞 電子版

以上 (16日更新)

    

 

 

半世紀前からの懸案前進‼️ 河野外相英断⁉️「国会議員の外国訪問“大使の送迎なし” 外相名で通達」出典:NHKNEWS WEB ’19.4.10

    “国会議員の接待係”と“現地新聞の切り抜き”。

 

    在外日本大使館は、こんなことしかしていない!こんなことで、日本の国家意思を実現できるのか?と半世紀の間批判され続けてきた。

 

    外務省のホームページの在外大使館の説明は「大使館は,基本的に各国の首都におかれ,その国に対し日本を代表するもので,相手国政府との交渉や連絡,政治・経済その他の情報の収集・分析,日本を正しく理解してもらうための広報文化活動などを行っています。また,邦人の生命・財産を保護することも重要な任務です。」となっている。これらが本務なのだ。“国会議員の接待”はどこにも書かれていない。

f:id:unominews:20190413140409j:plain

アメリカ日本国特命全権大使(写真は外務省公式ホームページから引用)



    現職の外務公務員からも、「政治家の外遊接待に駆り出されて、つき合わされて情報収集活動もできない。」という諦めに近いボヤキが、もれ続けていた。

 

    さればとて、帰国後国会質問でネチネチと意地悪されると困るので、機嫌を損ねるわけにはいかない。これが、悪弊が改まらない原因の正体だ。議員本人だけでなく、家族が海外観光に行くときでも、挨拶の顔出し、通訳の紹介、観光先の情報提供などかぞえあげたらきりがなかった。

 

    手口は巧妙だ。

 

    議員秘書から外務省の国会班を通じて「今度代議士の奥さんが観光に行くのですが、もし何かトラブルがあったらサポート願います。」と言って、旅行スケジュールをFAX(メール)しておけば十分だ。具体的な依頼は何もしていない。

 

    しかし、外務省にとっての重要性にもよるが、外務委員会のメンバーの“令夫人” なら、挨拶くらいは行く。その際には、お愛想でも“何かお困りのことがあったらご連絡下さい”程度のことは言うだろう。

    それを聞いた奥さんは“お食事はどこが美味しいかしら?”に始まって、“いい美容院ご存じない?”といったことまで手配をほのめかす。さらには“王宮の中を見学したい”“議会を傍聴したい”といったもっともらしいが手間のかかる要望も出る。

 

    『公務員は全体の奉仕者』のはずだが、実態は元外務大臣、外務政務(次)官、外務委員会の委員、外交部会正副部会長はじめ外務省関係与野党議員は、多かれ少なかれこうした形で“便宜供与”(一般人は受けられない特別待遇の手配)を受けて来たという。

 

    そうしたことに取られる時間は、本来なら在外大使館がやらねばならない情報収集や人脈作りに充てられる時間だ。それが出来ないとなれば、国益が損なわれることは厳然たる事実だ。

 

    それでも、訪問国側から接待漬けにされ、ハニートラップにはまる(巧妙に接近して来た女性との情事を写真に撮られる等で相手国のいいなりになること)よりはましだ。

           

   マスコミでも、某大手新聞の幹部が中国を訪問した際に特別な接待を受けていたという記事を目にされたことがあるだろう。

 

    そんなことがもし事実だとしたら“国を売る行為”だ。まだ、大使館の便宜供与を受けている方がマシではあるが・・・。

 

    河野外務大臣の英断で、どこまで悪しき慣行を断ち切れるか⁉️ もしも、それでも無理を通す議員らがいたら、事実をネットで流すことだ。デマや誹謗中傷は無視するが、事実ならば当ブログ「UNOMINEWS」は記事として取り上げる。

 

    今後の改善状況を注視したい。

ブラックホール観測写真のHOW? に答える国立天文台公式YouTube‼️

m.youtube.com

    宇宙物理学は常識では理解できないが、この映像は、何となく素人でも理解した気になれるのでご覧頂きたい。

 

    60億度の「超高温プラズマ」は、ブラックホールの「近傍」にだけ起きるという。“プラズマ” とは、超高温状態では原子核のまわりを回っていた電子が原子から離れて,正イオンと電 子に分かれる現象を電離とよび、そして電離によって生じ た荷電粒子を含む気体のことのようだ。

    “色即是空 空即是色”(色=物質)のようなものだろうか❓ 物質とエネルギーのつなぎ役のような状態なのかもしれない。

 

    そう考えると、今回の人類初の観測は、人類を新たなるステージの叡智に導くきっかけになるかもしれない。

                                                                                                                                  以上