unominews’s blog

鵜呑みにするのは危険なネットNEWS!“鵜呑み”にしても安心なUNOMINEWS‼️

「安倍首相は今日にも『非常事態宣言』発令」❗️一方、米国FDAは「武漢肺炎」重症者に最も有効とされた坑マラリア薬を緊急使用認可‼️#非常事態宣言#「武漢肺炎」#抗マラリア薬#FDA緊急使用認可#ケネディ大統領就任演説

🔷安倍総理、今日にも『緊急事態宣言』発令‼️

 

   安倍総理が「武漢コロナウイルス」感染者の急増しているのに対して「緊急事態宣言」を発令する意向を固めた、と報道各社が急報で伝えている。

 

    わが国は、世界で最も感染拡大が緩やかで、死者増加が少ない国の一つではあるが、危機感の薄い国民、特に若年層の感染者増加とクラスター感染増加および、感染経路が不明な感染者が増えていることに危機感を強めた結果と思われる。

 

    国民の危機感の薄さは、次の事例に顕著だ。

 

    4/5 東海テレビ報道の、「ナイトクラブで医師複数感染し、岐阜大学医学部付属病院の外来が全て閉鎖になった」ケース

 

    4/2日刊ゲンダイdigita報道の、「大阪市内で行われた14日の合コンに参加した阪神の選手は計7人。参加女性の大半は、芸能人、著名人が多数訪れる大阪・キタ(北新地)の高級クラブ『A』のホステス。藤浪ら阪神3選手と女性3人が新型コロナウイルスに感染した」ケース

 

    危機感のない人は、志村けんさんが犠牲になろうが、英国皇太子や英国首相が感染しようが、ロシアのプーチン大統領が3/26に病院視察した際に案内され濃厚接触していた医師の感染が判明して、プーチン氏が感染の危機にあることなど、どこ吹く風だ。

 

    今日にも、決定されるようだが、発令を要する環境にあることは国民の多くが認めざるを得ないだろう。

 

🔷想いおこす1967年の米ケネディ大統領就任演説‼️

 

    だが、多くは期待できない。

 

    日本国憲法は、『人の命よりも個人的人権が大事』というように解釈され、適用されてきた歴史がある。中国のように軍隊を出動させて、銃口を向けて家から出さないようにはできない。トランプ米大統領のように、州兵を出動させることもできない。病院やクリニックに来た患者を強制的に追い返すこともできない。

 

    要するに、政府には権限が与えられていない。だから、政府の責任にするのではなく、自らの責任において命を守ることが求められる。

 

国民諸君よ。国家が諸君のために何ができるかを問わないで欲しい――諸君が国家のために何ができるのかを問うて欲しい。」これは、1961年1月20日ケネディ大統領就任演説の言葉だった。

 

   人類が未だかつて経験したことのない危機にあたって、日本風に言い直せば 「政府が国民のために何かをなすことではなく、一人一人が人々のために何ができるかを考えよう」となろう。目覚めた人は少ないが、目覚めた人が人類を救えるときがいまかもしれない。

 

f:id:unominews:20200406104831j:plain

人類を救う特効薬になるか⁉️FDA緊急使用認可(出典:ワシントン・タイムズ、記事共)



🔷クロロキニーネとヒドロキシ・クロロキニーネを重症「武漢肺炎」治療用として緊急使用認可、米FDA‼️

 

米国食品医薬品局(FDA)は月曜日3月30日に、COVID-19患者のために一部の医者と病院によってFDA未認可ですでに使われていた、クロロキニーネと次世代の派生物(ヒドロキシ・クロロキニーネ)に新型コロナウイルス治療用として緊急使用認可を与えた」(出典:ワシントン・タイムズ2020年4月2日木曜日)

 

    待たれていた重症者用の特効薬の可能性がある。記事には

 

30カ国で6227人の医者に対するSermo(世界的な健康管理世論調査会社)によって行われる調査で、COVID-19患者を治療しているそれらドクターの37%がヒドロキシ・クロロキニーネを15のオプションのリストからの『最も効果的治療』と評価していることが明らかになった」(編集部仮訳)とある。

 

    発生源の中国の研究者も抗マラリア薬に有効性を認めている。日本の「アビガン」とならび世界を救う特効薬になる可能性がある。今後の薬効に期待したい。

 

以上