unominews’s blog

鵜呑みにするのは危険なネットNEWS!“鵜呑み”にしても安心なUNOMINEWS‼️

世界の頂点に立った両雄(雌?)ならでは、メチャクチャ分かり易い「how-toこころ」対談‼️こういうのを教科書に載せて欲しい‼️#渋野日向子,#上野由岐子,#全英,#ソフトボール,#ストレス,

f:id:unominews:20190929174829j:plain

全英女子オープンで優勝しギャラリーに向かって優勝トロフィーを掲げる渋野選手(出典:日本経済新聞 電子版 8月5日)


    メジャー最終戦となる「AIG全英女子オープンゴルフ」を、去る8月5日に制し、樋口久子以来42年ぶりにメジャー制覇したとして一躍ときの人になった澁野日向子(20)が、「一番の夢」「会いたい人」だった、2008年北京五輪金メダルのソフトボールの“絶対エース”上野由岐子(37)と初体面した内容を、動画で「YouTuber」が紹介していた。出典:「YouTube」「詩璃空ユウ」,テレビ朝日報道ステーション」2019/9/9

 

🔷“心の重圧”=モチベーションが下がる原因は“心が渇く”こと

 

   全英女子オープンのラウンドを映像で見ていると、常識では考えられない渋野選手の動きが気になって仕方がなかった。

 

    一つは、全てのアドレスからショット、パターまでの時間の早さ❗️

 

   もう一つは、次のコースへ移動するときに、ギャラリー(観客)の人たちとのハイタッチ❗️

 

   メジャー制覇を目前にして、いくら“若さ”といっても、“怖さを知らない”といっても、緊張して失敗しないよう慎重になるし、余計な気をつかうファンとの接触は避けたくなるから、そんなことをするゴルフ選手を見たことがなかった。

 

    この対談を見て、謎が解けた。

 

    答えは、彼女のソフトボール選手時代の経験だった。

f:id:unominews:20190929173940j:plain

渋野日向子選手は小学校時代ソフトボールのピッチャーをしていた(引用同上)

 

    ①の答えは、ソフトのピッチャーの投球のリズムにある。男のする野球と比べればはっきりわかる。打者に向かったら、投げるまでの時間が圧倒的に短い。グダグダ考えてないのだ。そのリズムは、渋野日向子のスタンスからボールを打つまでの早さと共通するものがあった。

 

    ②の答えも、小学校の時からやっていたソフトボール団体競技で、「嬉しいことは分かち合いたいから」のハイタッチ、だから、観客がストレスではなく歓びを分かち合う“チームメイト”になっていたことにあった。

 

    対談の内容をほぼそのまま録画起こしした。

 

    世界の頂点に立った者だからこそ通じ合え分かり合える「how-toこころ」が、実に分かりやすくありのままに語り合われていることに驚いた。このように率直に人生のとても大事なことをわかりやすく語り合った対談を見たのは初めてのことだ。

 

    是非、読者の皆さんにご一読いただき、渋野日向子という人物が、「これからどういう思いでゴルフをしていけばいいか、というのを、全部教えてもらったなと思って、この撮ったやつ全部ください。ほんとうに、あと毎日聞こうと思う。この話。

    アナウンサー:ご飯食べれる?

そうそう、ご飯食べれる。何杯でも食べられる。この話だけ。おかずいらん

 

    とまで言い切り、

 

    上野由岐子という人物も、自身、4月に打球を顎に受け骨折という大怪我からの復帰第一線の日だった。大先輩アスリートが、“極意”を伝授した対談内容を是非味わっていただきたい。

 

    禅の「公案」(師が弟子を導くための、古来から伝わるテキスト「無門関」などを参照されたい)よりも、分かりやすく“とらわれない心”への解答を指し示しているのかも知れない。

 

🔷渋野日向子:上野由岐子対談(「YouTube」「詩璃空ユウ」2019/9/9からの録画起こし)

f:id:unominews:20190929175735j:plain

「心の乾き」が不満を呼ぶ・・・極意を淡々と語る上野由岐子選手(テレビ朝日報道ステーション」2019/9/9から画面写真引用)


(対談前)

渋野:全英の18番のバーディーパットより緊張する。手汗がヤバイ。

 

(ここから対談開始、挨拶省略)

 

ナレーション:全英を制し、一躍時代のヒロインになった渋野。憧れの人を前にどうしても聞きたいことがありました。

 

渋野:北京オリンピック後、ソフトボールがオリンピック競技ではなくなったと聞いた時は、何をモチベーションにして頑張っているのかな、とは考えていたんですけど・・・

 

上野:もう一回オリンピック選手として、(それを)目標に頑張ろうって、正直思っていなかった。そういう思いでソフトボールを続けていなかった。自分も、当時はまだ20代だったし、まぁ、今思えば、ガキだったから、考え方が甘っちょろかったなと思う。葛藤は大きかったかな。モチベーションは・・・

 

渋野:北京オリンピックから約10年間ってすごく長いなと思って、私も、その、優勝して1ヶ月ちょっと経ちましたけど、やっと1ヶ月経ったって感じで、これを何年も続けていくんだと考えたら、ちょっと苦しいな、と。正直思っていたんですけど・・・

 

ナレーション:渋野が質問したのは、競技会のモチベーション。実は、今、全英(オープンゴルフ選手権)を優勝したからこその、“心の重圧”に悩まされていました。

 

渋野:「スマイル・シンデレラ」って言われたんですけど、そうやって言われてる中でも、結構、ふつうに顔には出してたんですね。怒ったりとか。普通に顔には出してるんですけど、それ以上に笑顔のことをすごく言われる。

 

上野:笑顔がトレードマークじゃないですか。

 

渋野:心がけてはいるんですけど、自分の中でも分かっているんですけど、全英女子オープン勝ってからの方が、笑顔はちょっと減ってるのかなとも・・・

 

上野:モチベーションが下がる原因は “ 心が渇く ” こと。心が乾いちゃうっていうか、ちょっとした“心の渇き”がストレスになったり、不満を呼んじゃうから、いかに自分が心を満足させて一日を終わらせられるかどうかを考えていくと、意外と長続きする。

 

渋野:そうですね。もうちょっとポジティブに考えられるようになりたい。

 

上野:でもプレーを見てるとポジティブにしか見えないけどね。

 

渋野:私、全英の時に、バーディーとかを取って、ギャラリーさんが手を出してくれたんでハイタッチしてたんですけど、なかなかゴルフでギャラリーさんとハイタッチする場面ないんです。

f:id:unominews:20190929174353j:plain

ギャラリーをストレス要因から「歓びをわかちあう」存在に転ずるハイタッチ❗️(引用同上)

 

上野:確かに見ないですね。ゴルフの人達って、ショット打つ時とか、「お静かに」とか(看板が)立つじゃないですか。

 

ナレーション:全英を虜にしたギャラリーとの笑顔のハイタッチ。じつは、そこにも渋野のソフトボール愛が

 

渋野:ソフトボールって団体競技なので、みんなヒット打ったりベンチ戻ってきたりすると、ハイタッチする。私も、そういうのも小学校の時にやってきてたんで、嬉しいことは分かち合いたい。そういう「団体競技」が羨ましいと思う瞬間がすごいあって・・・

 

上野:邪険に思う立場にもなり得る、お客さん達と一体感を得て、プラスに取り入れられるって、凄いいいな、と思って、逆に、自分もそういう風に“お客さん”たちのことをとらえられたらいいな。逆にアドバイスをもらった感じでした。

 

渋野:一生のお願いなんですけど、ちょっとだけ、キャッチボールをしてみたいな。

 

上野:もちろんです。

 

渋野:もう死んでもいいです。

ソフトボールのピッチャーの投げ方で、キャッチボールがはじまる)

 

上野:そんな感じなんですね。なるほど。

 

上野:一応、テイクバックの時に少しヒジを曲げてやると、もっと柔らかく投げられる。

 

渋野:こういう感じですか?

 

上野:そんな感じで、そんな感じで。

 

渋野:練習しよう。ゴルフより練習しようと。

 

渋野:いま世界ランキングの順位的に、(東京五輪に)出れるような順位になったので、もう絶対出て、ソフトボールの日本代表の皆さんと開会式に出たいなと、写真撮りたいなって夢があるんで。

 

上野:すごい高いモチベーションのところ申し訳ないのですが、たぶん、私達は開会式の前に試合が始まっていて、開会式には出れないっていう。

 

渋野:あっ、そうですよね。ハハハ。

 

渋野:ありがとうございました。

 

対談終了

 

渋野:これからどういう思いでゴルフをしていけばいいか、というのを、全部教えてもらったなと思って、この撮ったやつ全部ください。ほんとうに、あと毎日聞こうと思う。この話、

 

ナレーション:ご飯食べれる?

 

渋野:そうそう、ご飯食べれる。何杯でも食べられる。この話だけ。おかずいらん。

 

ナレーション:翌日、上野は、怪我から復帰後初めての先発。

 

    ノーヒットのまま最終回を迎えます。2アウトを三振で奪い、ノーヒットノーランまであと一人。

 

    なんと上野は、渋野の目の前でノーヒットノーランを達成しました。

 

渋野:拝みたい。お〜。神様。

 

ナレーション:試合後、完全復活を遂げた上野から

 

上野:きっかけになったとか言うか、渋野さんも常に笑顔じゃないんです、と話もしていたし、そういうのを聞いて「笑顔」というキーワードと言うか、逆に、自分はもらえて、そういった意味では出会えて自分にとってもプラスになったと思います。

                                                                                                                録画起こし以上

 

以上

日米交渉最終合意‼️豚肉が最大432円/1kg安くなれば、少子化対策の切り札になるかも⁉️

🔷各紙の報道によると、日米間の懸案になっていた「日米貿易協定」が最終合意し、安倍総理トランプ大統領が25日、ニューヨークで共同声明に署名した。#日米貿易協定 #畜産農家 #GDP #CPI #ECB #少子高齢化 #豚肉 #安倍総理

 

f:id:unominews:20190926163045j:plain

署名を終え、固く握手を交わす安倍総理とトランプ米大統領(出典:THE SANKEI NEWS2019/9/26「日米首脳会談、安倍首相『相当突っ込んだ議論』 日韓関係も話題に」)

 農産品の関税引き下げはTPP(環太平洋パートナーシップ)の水準で合意、自動車の追加関税は見送られた。それを受けて、今日の東京株式市場は、自動車株を中心に値上がり株が目立つ展開になった。

 

    中には、「日本が大幅に譲歩した形」(TBS系のJNNニュース報道)という論調もあるが、バイアスのかかった偏向報道にしか読み取れない。

 

    同報道によれば「『この協定は両国の消費者、生産者、そして勤労者、全ての国民に利益をもたらす。両国にとって、ウィンウィンの合意となりました』(安倍首相)

 

『この協定は、アメリカの農家や牧場主にとって大きな勝利だ。そして、私にとってとても重要なことだ』(トランプ大統領」と両首脳のコメントを掲載。

 

    注目したいのは、「協定ではアメリカが求めていた農産品の関税について、牛肉はいまの38.5%から段階的に9%まで引き下げるほか、豚肉も価格の安い肉にかけている1キロあたり最大482円の関税を最終的に50円まで引き下げます。」という点だ。

 

 TBSの記者氏は、この国益が見えているのだろうか⁉️

 

    牛、豚の畜産農家には打撃だが、その点は、TPP交渉合意の経緯の中で消化されていると見ていいのではないか?政府も対策を講じている。(後述)

 

 🔷そんなことより、国民の、特に子育て世代や年金生活者にとっては、砂漠でオアシスを見つけたかのような慶事だ。ビタミンB群の豊富さ、血管健康作用など

 

    豚肉は、牛肉よりはるかに良質のタンパク源と言われている。しかも値段が安い。

f:id:unominews:20190926161728j:plain

豚ロース肉ブロック1kg


トクバイみんなのカフェ」(http://minnano-cafe.com/)というサイトの消費者からの投稿を次に引用させていただく。

 

    「(東京都目黒区)自由が丘は物価が高いですが、『食品館あおば』では

        かなりお安く買えますよ。

        国産鶏むね肉:29円~32.5円(2kgパック)

        国産豚切り落とし:75円(1kg前後)

        米国産豚切り落とし:69円(1kg前後)

        オージービーフバラ切り落とし:75円(1kg前後)

                      ヴェルデ40代2016年08月01日10時50分

 

    当ブログも参加、投稿してみた。

 

    「豚ロース肉500g〜1kgブロックで72円/100g‼️

        買ったらすぐ、カレーの具材、ミニステーキに切り分け、冷凍保存。

        一人暮らしなら、1週間はオカズに困りません。とんかつ大に切っても

        冷凍保存可。レンジで解凍して、弱火で調理すれば柔らかく美味しいですよ。

        9月25日の日米貿易交渉によって、さらに20〜30円程度安くなるかも⁉️

        安い豚肉があれば、子どもが増えても食べさせられますよ‼️

        滋賀県大津市の「ラ・ムー雄琴店」で売ってます。米国産です❗️

                      公益取材報道機構 60代 2019年09月26日14時00分

 

🔷少子化の原因である女性が子供を産めない要因は、社会資源(簡単に言うと「名目国内総生産=名目GDP」)と配分率(手っ取り早く言うと「消費者物価指数=CPI」)と解き明かしている論者がおられる。

 

    著書は、「日本の人口は減らないー医師の論理で導く『新人口論」(南俊秀著2007年7月30日マネジメント社刊)

 

    南秀俊氏の人口論は、一言でいうと、次の数式に集約されるようだ。

 

    出生率)×(平均寿命)=(配分率)×(生活資源)

 

    式の左辺からは、長生きする人が増えると出生率は増えないということが導き出される。

 

    右辺は、経済成長によってGDPが増えても、食費や保育費、学費が下がるといった形でCPI(消費者物価指数)が下がり、子育て世代が

    “子どもを産み育てやすさ”(Easiness of Childbearing and Bringing up=ECB)を実感できければ出生率は増えないということが導き出される。

 

    貴重なタンパク源が100g72円が、48円丸々安くなることは望めないにしても、30円安くなれば、100g42円と鶏肉並みになる。

 

    安くても危険で、様々な内臓疾患の原因となり、特に子どもを生涯抜けられない肥満体質にしてしまう『ジャンク・フード(屑食品)』とは違い、何より安心だ。

 

    トンしゃぶ、トンすき焼き、豚肉野菜炒め、お好み焼き、豚肉ジャガ、トンカツ、ブタ焼きそば、豚肉カレーetc、子どもの好きな料理の幅は数え切れない。

 

 🔷“安倍首相は『少子高齢化対策』の絶妙の一手を打った ” と評価できる所以はここにあるのだ‼️

 

    TBSは、畜産農家しか見ない愚を犯している。出生率増大に寄与する潜在人口は150万人×5才=約750万人といっても、さほど異論はないだろう。(結婚、妊娠、出産、育児に直面してECBを真剣に考えている結婚前後5年の男女)

 

    一方の、畜産農家は、標準的販売価格が標準的生産費を下回った場合に、差額の9割を交付金として交付される肉豚経営安定交付金」もある。もちろん、100%ではないかもしれないが、畜産農家にも子育てがあるだろうから、本稿をご覧いただければ、納得は得られるのではないだろうか⁉️

 

    日米交渉は、安倍総理に星三つ✨”といっても褒めすぎではないだろう。

 

以上

福島香織女史は、何故、いま、香港警察を擁護し、『デモの奴ら』と言い捨てるのか⁉️#香港デモ,#福島香織,#自由を守る,#玉置和郎

    「YouTube」のSakuraSo TV「北載河会議後の中国の行方」の中で、中国関係の取材をもとに多くの中国関連の記事を書いておられるジャーナリスト福島香織女史が、耳を疑う発言をしていた。

f:id:unominews:20190923120948j:plain

討論会で発言するジャーナリスト 福島香織女史(記事文中の「YouTube」画面写真引用)

    桜チャンネルといえば、“正論”をもつ、それぞれの分野の権威者が、毎週3時間にわたって討論しあい、既存マスコミが伝えない真実を国民に伝える「YouTuber」として定評あるだけに、わが耳を疑ってしまった‼️

    出席者は、田村秀男産経新聞特別記者・編集委員論説委員、澁谷司拓殖大学海外事情研究所教授、坂東忠信元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師、経済評論家渡邉哲也の各氏らも参加しておられた。

 

    “ネズミが猫に喰い付いた”ような話ではないか。中国共産党独裁体制を絶対に認めないのが基調の討論会でこんな発言が飛び出すとは

 

・「これは政治問題なのにその責任を警官に押し付けるな」(その話だけなら理解できる)

 

・「(警官が)網膜剥離になったり、指を食いちぎられたり」「香港警察も大変なんですよ」(「自由」を守ろうとして雨傘一つを手に自分の将来を打ち捨ててもデモに参加している市民の大変さと比較できるのだろうか⁉️それを言えば、天安門事件を制圧した戦車の中もものすごい暑さだろう。ナチの親衛隊も大変だったろう❗️)

 

・「彼らの装備、50ポンド、25キロくらい、しかもメチャメチャ暑いそうなんっですよ。だから、中国(政府)が、武装警察が使っているスゴく軽いプロテクターを500基売った」「ものすごい性能の良い銃弾を通さないのを」(デモに参加した市民は、防護服はなく警棒で殴られ、死んだり、眼球が飛び出したり、頭から血を流しているではないか❓)

 

・「問題はそこじゃないよ。トイレに行けないとか、食事の時間がないとか、寝る時間がないとか」(福島女史に同じ言葉を返したい。問題はそこじゃないよ‼️)

 

・「あのデモの奴らもね、香港の警察の実名、住所とかを(出して)こんなことやってる奴らとかって言ったら、(警察官の)家族がイジメられるとかそういう問題も出てきて」(常の思いが思わず口をついて出た。「あのデモの奴ら❗️」まるで、“習近平王朝”側の人間の発言ではないか⁉️)

 

    人の思いは、やがて言葉になり、言葉は行動となり、行動は習慣となり、生き方になる。最初の“思い”コレが『精神的原型』である。(今は亡き、“伝説の政治家玉置和郎”の政治哲学)

 

    福島香織という人物の、正体見たりというべきか⁉️

 

    中国政府から金をもらって、自由に取材させてもらってるんじゃないのか⁉️あなたの立場は「自由」を守る側か、支配する側か❓

 

    敢えて福島香織女史に問いたい‼️返答やいかに。

 

以上

8月31日香港市内「太子駅」で大勢の警察に暴行を受け、頭から血を流す若者も‼️

    8月31日の香港「太子駅」構内での惨状を、写真でお伝えする。なぜ野党勢力を結集した立憲民主党や国民民主党日本共産党は見殺しにするのか⁉️

 

    香港を見殺しにすることは、『自由』を見殺しにすることだとは思わないのだろうか⁉️ 国会対策や、選挙対策しか頭にないのだろうか⁉️

 

    「見殺し」は、殺している警官隊よりも罪が重い❗️“心の世界” はそのように出来ている。心で見殺しにしたら、必ず、遠からず日本でも実現するしかないのだ。

 

    本当に反戦、非暴力を叫ぶならいつ叫ぶというのか⁉️

 

    『今でしょう‼️』

f:id:unominews:20190922123750j:plain

武器を持たない若者に警棒を振るい、催涙ガスで攻撃する警察隊(NTDTV JAPANニュース映像から画面写真引用)

f:id:unominews:20190922123951j:plain

いたる所で徒手の若者を抑え込む映像が‼️(NTDTV JAPANニュース映像から画面写真引用)

f:id:unominews:20190922124151j:plain

電車の中に逃げ込む若者を追撃する警官隊‼️(NTDTV JAPANニュース映像から画面写真引用)

f:id:unominews:20190922124306j:plain

電車内で恐怖からか男性に泣きすがる若い女性‼️(NTDTV JAPANニュース映像から画面写真引用)

 

f:id:unominews:20190922123020j:plain

警棒で強打されたのか、頭から血を流し呆然とする若者(NTDTV JAPANニュース映像から画面写真引用)

f:id:unominews:20190922123232j:plain

流血の若者一人に5人の警官が取り囲む(NTDTV JAPANニュース映像から画面写真引用)

 

2011年3月の福島第一原発事故から8年余検察審査会で強制起訴するも、東電側無罪判決‼️「ホドホド社会諦念原理」が必要では⁉️

f:id:unominews:20190919173441j:plain

福島第一原発の惨状(出典:「YouTube」OurPlanet-TV 2013年2月28日ビデオジャーナリスト綿井健陽氏空撮)

    東日本大震災時の津波災害による福島第一原子力発電所事故をめぐり「業務上過失致死傷罪」に問われていた東京電力旧経営陣3人の判決が、今日19日、東京地裁であった。結果は『無罪』だった。検察官側の指定弁護士は、禁錮5年を求刑していた。

 

    「業務上過失致死傷罪」は、刑法第211条の「業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。」という犯罪だから、今回の判決は刑事判決になる。

 

🔷「UNOMIの👀」で見ると・・・

 

    判決文の要旨を、検察側の主張、弁護側の主張、裁判官の判断に分けて整理してみた。(下掲参照)

 

    「UNOMIの👀」で見ると、史上最大の地震災害などを想定して全ての社会インフラの強度設計をするお金はない。だから、仕方がないと、そこは諦めるしかないという「ホドホド社会諦念原理」を提唱したい。

 

    「罪」をいうなら、むしろ大衆の貪欲さが招いた事故で、自然がその愚かさに警鐘を鳴らしたというべきで、人間の持つ「原罪」ともいえるだろう。

 

    どういうことか⁉️

 

    電力を大量に消費する便利な生活は快適だが、それを当然の権利と思い違いして、ドンドン電力を消費すれば足らなくなる。火力発電所は環境汚染がひどいから嫌だというし、水力発電所は、土地買収に抵抗して建設は進まない。出来ても、数十年で堆積土砂で使い物にならなくなる。「風力」は格好だけで、採算が取れず建設は進まない。「太陽光」も電力会社の買取単価が下がれば、普及はピタッと止まる。

 

    消費者も、発電参入業者も「安いか」「採算がとれるか」という経済原理で動いている。

 

    “安くて快適な生活をしたいという欲求” こそが諸悪の根源なのだ。

 

    “分かっちゃいるけど辞められない” 

 

    これが、本件の事故の原因の元をたどりに辿ったそもそもの原因で、それを「UNOMIの👀」は「原罪」といいたいのだ⁉️

 

    だから、“ホドホドに作って、ホドホドで壊れたり人が死んでも、それは「運命」と諦めないと社会システムは回らない”という「ホドホド社会諦念原理」を提唱したいのだ‼️大マスコミはこんなことは絶対に言えない。評論家もTV局からお呼びがかからなくなるので絶対に口にできない。

 

    だからこそ、「UNOMINEWS」が敢えて提唱するのだ。そろそろ本音だ議論しないと社会はどんどん肥大化し、若者が未来に夢を持てなくなることを憂うるからだ‼️

 

🔷東京地裁判決の論点整理

 

    その観点を踏まえて、以下の判決内容の整理を読んでいただきたい。

    

【検察官役の指定弁護士の主張】

1「政府機関の長期評価に基づく東電子会社の試算結果などを挙げ、『津波が予見できた』

2「『2008年のこの試算結果は15.7メートルの津波原発に襲来する可能性を示し、武藤氏と武黒氏は内容を把握していた』

3「2009年の会議でも担当幹部が巨大津波の可能性に言及したと指摘。3人は津波を予見できたのに『原発の運転を漫然と続けた』

 

【東電旧経営陣側主張】

1「『政府機関の長期評価は信頼性が低く、対策の根拠としては不十分だった』」

2「『東電子会社の試算による15.7メートルの津波は、敷地南側から押し寄せる想定だったが、津波は、実際には、東側から到達したため、試算に基づいた防潮堤などの対策工事をしていても原発事故は防げなかった』」

 

【判決=裁判官の判断】

1「試算結果など巨大津波の可能性に関する情報に接して以降、対策を講じたとしても『事故発生前にすべての措置を完了できたのかは証拠上明らかではない』」

2「『事故を回避するためには原発の運転を止めるしかなかった』」

    出典:日本経済新聞 電子版2019/9/19 13:18 (2019/9/19 15:12更新)

 

以上

「米、英と連携し自衛隊が香港沖へ」❗️「幸福実現党2500人デモ」でも当ブログの主張が⁉️

🔷あの「幸福実現党」が、東京新宿で2500人規模の香港支援デモ敢行‼️

 

    9月16日「幸福実現党」(釈量子党首)が、香港支援のために、東京・新宿で「#香港革命ー自由のために、戦うべきは今❗️」デモを敢行した。

 

f:id:unominews:20190917180327j:plain

東京・新宿で2500人規模の香港支援デモを敢行した「幸福実現党



    雨中にもかかわらず約2500人が参加して、香港支援の声をあげた。これは画面写真にあるように、幸福の科学系の政党「幸福実現党」が主催し、幸福の科学系の情報発信「YouTuber」である「THE FACT」が報じたニュースによる。

 

    「なんだ・・・⁉️」と眉唾で受け止める向きもあるだろうが、そうでもない証拠には、中国の国旗を掲げたグループが大声をあげて集会を妨害し、大声で中国国家を歌った。中国にとって嫌な行動だったからだろう。ということは真実ということで間違いないだろう。

f:id:unominews:20190917175501j:plain

幸福実現党」東京新宿での香港支援集会を妨害する中国人グループ‼️(「YouTube」THE FACTから画面写真引用)

 

    大声で叫ぶ在日中国人らに対して、壇上から「いまの中国の独裁政権が東アジアを席巻するとこうなるんです‼️こういう発言をすると、圧力をかけること、こういう世界が現出していいのでしょうか?なぜ日本の政党である私たちの言論が、こういう風な形で圧迫を受けなければならないんでしょうか?だから香港が心配なんです❗️」と弁士(幸福実現党幹事長江夏正敏氏)が批判すると、まわりから大きな拍手が起き、中国人グループは怖気付いたように演説に聴き入ってしまう場面も写されている。(上写真)

 

    「香港を助けよう❗️」壇上の女性が、日本国旗が描かれたプラカードを持っていた。「SOS」ともあった。幸福実現党に与する気は全くない。

 

    だが、当機構の「Twitter」投稿に同調したのかは兎も角として、普遍的な「自由」の大切さを、見て見ぬ振りをする日本国民に訴えた意義は大きい。出典:「THE FACT」REPORT 2019年9月16日「YouTube

 

【参考】「中国共産党の本性を現し始めましたね⁉️弾圧ぶりを世界中に配信するのも良いですが、それでは、天安門事件と同じで、指導者が拘束され、運動を根絶やしにされ手遅れです。米・英海軍が中心になって友軍を募り、日本も参加❗️香港沖に集結して、学生や香港市民たちを支援してやれないものでしょうか⁉️」2019年8月7日「Twitter」投稿by「公益取材報道機構」

 

🔷香港では中国側警察の放水銃に雨傘で抵抗するデモ隊‼️相次ぐ、デモ指導者への襲撃、逮捕‼️

f:id:unominews:20190917175142p:plain

9月17日「容赦ない放水車VS雨傘対決」(NTDTV JAPANニュース映像から画面写真引用)


    こうしている間にも、顔認証システムを持っている警察、中国政府に、面(顔)が割れているデモ指導者は、次々と逮捕されたり襲撃されたり海外に避難を余儀なくされたりしている。そのうち殺された人も出ている。逮捕者も生きている保証は全くない。それが中国という国の常識だ。

 

    以下にNTDTV JAPANニュース記事のヘッドラインを紹介するので、現地の生々しさの一端でも感じ取ってもらいたい。

 

9月4日「(9月3日太子駅で)香港警察の暴力で頚椎骨折の若者が意識不明に

9月4日「『辞任したい』香港行政長官の音声流出 記者会見では否定

9月5日「『逃亡犯条例』改正案撤回 民主派リーダー『抗議をやめない』

9月5日「ショッピングモールで複数の機動隊がいきなり少年を逮捕【香港9月3日】

9月6日「暴行死亡者の遺体焼却予定?太子駅で監視カメラ映像公開要求【香港9月6日】

9月6日「若者『俺を殺してみろ!撃てよ!催涙弾は?香港市民の怒り頂点に❗️

9月7日「『香港警察がCIA幹部逮捕』中国メディアがまたもやフェイクニュース

9月8日「香港人権・民主主義法案』の可決を米議会に求めるデモ行進

9月9日「共産党を信じる?あほちゃうか〜」【香港9月8日デモ現場】「米議会『香港人権・民主主義法案』の可決を❗️

9月11日「人間の鎖』香港浸会大学と城市大学『香港に栄光あれ』

9月12日「9月8日の平和的なデモ民間記者会『警察の言う『暴徒』とはまさに彼ら自身だ

9月15日「香港民主派の黄之鋒氏が独米を訪問 西側諸国に香港への支援要求

9月15日「香港9月15日主催者なしの自発的デモ

9月16日「黒社会』と市民に罵倒され地下鉄駅に逃げ込んだ警察隊

9月16日「香港市民と警察の対決放水車出動

9月17日「容赦ない放水車VS雨傘対決

 

 

🔷マフィアが香港大学学生会委員長代行をバス停付近で襲撃‼️海外避難へ❗️

 

    先日、香港の実情取材のため現地に飛んだ“評論家宮崎正弘氏”は、「香港民主化運動で香港大学学生会委員長代行だったディビット・ケネス・ワンは、8月30日夜、湾仔(ワンチャイ)のバス停付近で突然、尾行してきた暴漢に襲撃された。犯人は175センチほど、白のTシャツに黒マスクをしており、明らかにマフィアの一員。香港大学の学生指導者と判別しての襲撃だった。

    『家族にも身の危険が迫っている。僕は香港を捨てて外国へ逃げます。恥ずかしいことだけど、命が惜しい。今後の展開は海外のテレビでみることになりますが、ひたすら諸君の成功を祈ります』と友人にあてた置手紙を残していた。

    『市民人権フロント』の幹部ジミー・シャム・ズー・キは、その前日の8月29日にやはり襲撃されていたと発表した。」と実情を報じている。出典:「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」2019/9/15

 

    如何だろうか❓ 当ブログは、政党の如何を問わず、正しいものは正しいと認めて報じるのが大方針だ。その意味で、今回の「幸福実現党」のデモや主張は高く評価したい。

 

    香港市民の自由=日本の自由であることに早く気付かないと、人類は、また「独裁の時代」を迎えることになるだろう⁉️人間を支配する最も効率の良い政治形態は「独裁政治」だから。かの“ヒトラー”は可愛いいものだ。中国の英雄「毛沢東」は“大躍進運動”と“文化大革命”で、あわせて約6000万人を虐殺したという。一桁違う❗️

 

    初入閣の小泉進次郎環境相が、次期総理候補支持率トップだそうだが、香港に対しては沈黙なのか・・・❓

 

以上

北方領土をロシアから買い戻したらどうだろうか⁉️価格は1兆ドル(105〜110兆円)経済協力でムダ金を使うより有効だ❗️

🔷第二次大戦に負けて北方領土を取られたことは事実だ‼️

 

    ロシアは繰り返し言っている。“我々は戦争に勝って北方領土(ロシア名は別)を手に入れた”と。

 

    これを認めなかったら、交渉そのものが成り立たない。認めたら、どうすれば取り戻せるかという具体策が浮かぶ。

 

    ①戦争してロシアに勝って取り戻すか?

         現憲法下で戦争などあり得ない。核大国に戦争を仕掛けても勝てるはずがないし、アメリカも認めるはずがない。

 

    ②沖縄と同じように、平和裡に返還してもらうか?

         安倍総理が表面上進めているが、ロシア国民が納得しない。いわく「国益に反する」。当然のことだ。

 

    ③だが、100数兆円(1兆ドル)貰えるとなっても、ロシア国民は納得しないだろうか⁉️

         そんな無茶な!といわれる向きに、実例があるのだ。

f:id:unominews:20190914174115p:plain

国後島択捉島歯舞諸島色丹島(出典:ウィキペディア北方領土問題」から転載)



 🔷過去の実例❗️最近アメリカはグリーンランド買収提案をデンマークに打診❗️

 

    下掲のとおり、過去に実例もあるし、ごく最近も、英紙『ガーディアン』(電子版、8月22日)によるとアメリカがグリーンランドを1兆ドルで買いたいと所有者のデンマークに打診したという。

 

他国の領地を購入することも、戦争以外に領土を拡げる手段であり、過去の歴史は幾多の例を残している。

 

 1603年 ジェファーソン大統領は、1500万ドルでルイジアナを購入した

 1667年、ジャクソン大統領は700万ドルでアラバマを購入した。

 1803年 ナポレオンはカナダ南東部を購入し、フランス領に編入した。

 1848年 米国はメキシコからカリフォルニア州、そしてネバダまで購入した。

 1861年、米国はアラスカをロシアから購入した。

 1917年、米国はデンマークから2500万ドルでヴァージン諸島を購入した

(現在の米領ヴァージン諸島のこと)

 そして1945年、ハリー・トルーマン大統領はグリーンランド購入をデンマークに打診した。だから、米国の購入打診は74年ぶりのこととなる。

米国は本気なのである。

提示した金額は1兆ドル強だと英紙『ガーディアン』(電子版、8月22日)が伝えた。

グリーンランドデンマーク編入されたのはそれほど古くなく、1953年までは植民地だった。国土の85%が氷河である。住民はイヌイットエスキモー)、かれらはデンマークへの帰属意識は殆どない。

同じく「同君連合」の一員だったアイスランドは、十四世紀以来デンマークの支配を受けてきたが、1944年にデンマークから独立している。」出典:「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」2019/8/22 弐

 

    いかがだろうか⁉️

 

    「アイスランド」がデンマーク同君連合から1944年に独立している。北方領土を奪われたのは、1945年のことではないか?時期も同じだ。“トランプ米大統領は、日本に、双方が納得しうる打開案を、暗に示唆しているのではないか? ”                           と思えるほどのタイミングだ‼️

 

    経済的に逼迫しているロシアにとって、100数兆円は魅力的だろう。日本は、アメリカ国債で支払えばいい。日本が保有しているアメリカ国債は1兆1319億ドル(2016年10月現在出典:ウィキペディアアメリカ国債」)

 

    アメリカは絶対に「NO!」だろうが・・・、それも含めて、対米安保交渉のカードにできるのではないだろうか⁉️

 

    トランプ米大統領の基本政策は、同盟国の自主独立だ。トランプ氏の主義主張の本筋からいえば「日米安保を廃棄し、日本は自主独立の自衛軍を持って自分の国を守れ」だろう。

 

    そうなれば、ロシアが恐れる“北方領土への米軍配備”も無くなる。

 

    2020年は、10年に一度の「日米安保」改定の年でもある。2020年は無理としても2030年までには、「自主独立軍」の創設を盛り込んだ憲法改正を国会で真剣に討議し、自国防衛の基本方針を、われわれ日本国民が真剣に考え、家族内でも討論して決めることが前提だ。

 

    大胆な発想をしないと、北方領土は戻らない。それだけは異論ないだろう。

 

以上