unominews’s blog

鵜呑みにするのは危険なネットNEWS!“鵜呑み”にしても安心なUNOMINEWS‼️

速報‼️国立天文台が今日の夜10時からの記者会見で、人類初のブラックホールの観測写真を発表した‼️

国立天文台発表の写真

f:id:unominews:20190410222101j:plain

国立天文台発表の人類初のブラックホール観測写真

    真ん中の黒い部分が地球から「約5500光年離れた楕円銀河M87銀河の中心にあるブラックホール」(ブラックホールは光を出さないため正確には影)

 

    周りのオレンジ色の部分は、「ブラックホールの周りにだけ存在する60億度という超高温プラズマによって出された電磁波(=光)が、強大な重力で捻じ曲げられ、地球方向に筒状になって見える光」だという。

 

    「約100年前にアインシュタイン一般相対性理論によって予測されていた」が、強大な重力のため光さえもその重力から抜け出せないため、観測は極めて難しかったのが、超高温プラズマの発する電磁波(=光)の筒状の空洞に見える暗い部分として観測されたものだという。

 

    「日米欧の国際協力の成果」であり、また、今回の解析の参考データには、「台湾ほかアジアの観測データも寄与」したという。

 

    慎重を期し、従来型、米国型、日本型それぞれで解析したが、同じ解析映像だったこと。日を空けて数回観測し同じ解析映像が得られたことから発表されたという。

 

    今後さらに検証を重ね、海外の研究者の検証も経なければならないだろうが、将来的にノーベル賞の有力候補といわれている。⁉️ (4月11日10時更新)

自民が第一党を転落した−長野−大阪−愛媛−大分−を走る『中央構造線』‼️これは偶然か⁉️

    統一地方選の前半の結果が判明した。大阪は、予想通り府、市ともに「大阪維新の会」が勝った。かつては、江戸文化をリードした“上方文化” を復興発展させ、大坂商人の心意気をみせてほしいものだ。

 

    今回の選挙で、一つ妙に気になることがある。

 

    NHKは「41の道府県議会議員選挙では、定員2277のうち、自民党は1158議席を獲得し、定員全体の過半数を獲得しました。また、大阪、長野、愛媛、大分を除く37の議会で第1党となり、25の議会で過半数を獲得しました。」出典:NHKNEWS WEB 2019年4月8日(下線は追加)と報じていたが、気になるのは、

 

    自民が第一党の座を転落した−長野−大阪−愛媛−大分−がいずれも日本列島を東西に走る “大地の裂け目” 『中央構造線』のすぐそばにあることだ。

f:id:unominews:20190408083745j:plain

日本列島を東西に走る『中央構造線』 出典:ウィキペディア中央構造線

 

    2016年に熊本、大分地方を大きな地震が襲った際、「中央構造線』列島横切る巨大断層    熊本地震の延長上 九州~近畿で400年前に連続発生」と題する報道があったことは記憶に新しい。2016/4/22 3:30 出典:日本経済新聞 電子版

 

    この『中央構造線』付近では、400年前、豊臣秀吉の時代に「慶長伏見地震」という巨大地震が起こり、伏見城を倒壊し秀吉を震え上がらせたという。阪神・淡路大震災も『中央構造線』のすぐ北だ。

 

    今回の選挙では、自民党幹事長二階俊博氏の地元、歌舞伎「京鹿子娘道成寺」で有名な和歌山県御坊市で、同氏の秘書を務めていた自民党県議が共産党新人候補にまさかの敗北を喫した。

    和歌山県も「紀ノ川」沿いに三重県に向かって『中央構造線』が走っている。

 

    科学技術がどんなに進んでも天災はいつ襲ってくるかわからない。

 

    “人心に驕りが生じたときに、天が災害を起こし、人に無常を教える” という。阪神・淡路大震災も、山を削り海を埋め立てて神戸市が “経営上手” と言われた後に起こった。

 

    不可思議なことが起こったのが、今回の「全国統一地方選挙」だ。為政者も国民も謙虚に耳を傾けるべきではないだろうか⁉️

                                                                                                                             以上

 

 

立憲民主党 赤松広隆衆議院副議長こそ辞任されるべき‼️ 自分の名前の「広」が入っている「広至」を推して新元号を私物化‼️ 朝日新聞はそれらを根拠に“誘導された”と世論誘導

    朝日新聞DIGITALによれば、赤松衆議院副議長は、国権の最高機関である国会の “衆議院副議長”として、決定前に意見を求められたときに、自分の名前 “広隆” の「広」が入っている「広至」を推したという。出典:朝日新聞DIGITAL2019年4月5日

f:id:unominews:20190407195833j:plain

衆議院の公式 WEBサイトから画面写真を引用



    朝日新聞の記事は、このことを何ら問題視していない。

 

    国民一人一人が、“この国の永久の平和を願って「和久」がいいな” とか、“ぼくの名前の「あ」が入るといいな” とか、それぞれの思いを込めて“新元号” 発表を心待ちにしていたことだろう。

 

    SNS時代になって初めての元号である。ネット上は、お祭り騒ぎで「立憲民主党」や「日本共産党」は、情報の近代化から完全に取り残された格好だ。

 

    その挙句の、赤松副議長意見報道だった。

 

    「「久化」と「広至」が良い。という意見を述べた」と赤松広隆副議長が取材に答えたときに、どうして記者は ”ご自分の名前の入った元号を推されたんですか❓それは副議長としておかしくないですか❓” と咎めなかったのか⁉️

 

    更に、そのまま無批判な記事にした朝日新聞本社の姿勢も見逃すことはできない。      

 

    大切なことを見逃し、正当な手続きで決まったことに、さも、“意見誘導”があったかのような記事を掲載してしまったのだ。

 

         国民一人一人が意見を言い合うのは大いに結構。

 

    衆議院副議長たる者が、自分の名前を入れた意見を述べたから“由々しきこと” なのだ。朝日新聞を信じている人は、まだ数多くいる。朝日新聞が、厳しく指摘していれば、信ずるに足る新聞だっただろうが、こんなことにも気づかなかった朝日新聞は、益々の国民の信頼を失い部数を減らし続けることだろう。立憲民主党にも甘々で見苦しい。

 

    赤松発言の意味がわかっていないから残念でたまらないのだ。“朝日新聞立憲民主党のいう護憲とはこの程度か⁉️”と。

 

憲法は、国会を「国権の最高機関」と定めていることは誰もが知っている。その国会で、多数決によって、(強行採決でもなく)「元号法」は成立した。その法律に定められた正当な手続きによって新元号「令和」が決定し、発表され多くの国民が祝福されている。

 

② 学校のクラスだろうが住民自治会だろうが、多数決で決まったことについて “学級新聞” や “自治会だより” が、さも“意見誘導”があったかのような記事を書いたら、どうだろうか。

 

    クラスや自治会の総意よりも、“学級新聞” や “自治会だより” の方が優先されることになりはしないか❓

 

    これを国に当てはめ分かり易く言うと、

 

    “国会の議決は、何も知らない議員達が集まって、人数だけで決めたことにすぎない。色んなことを知っている朝日新聞が正しいことを国民に教えてやる。国会は上手いこと誘導されてたんだから “令和” なんか認めるな。” といっているに等しいではないか⁉️

 

③これが“国会軽視” 、“憲法軽視” でなくて何というのか。国会よりも朝日新聞が偉いと思っているからこんな記事になってしまうのだ⁉️ 

元号を私物化した元日本社会党書記長、立憲民主党を代表する“赤松広隆衆議院副議長と、その意見を咎められなかった “朝日新聞” は恥ずかしくないのだろうか⁉️

 

    “憲法を守る” と言いながら、立憲民主党朝日新聞は、逆に、このことで憲法

泥を塗ったのではないか⁉️“嘘つき” と言われても仕方がないだろう。

 

    ”忖度発言“ 程度で辞任を求めるのならば赤松副議長こそ辞任すべきだろう。任命責任というなら、それは枝野代表にあるのだろう。

 

     “朝日新聞”、“立憲民主党” は、”良識ある国民“ の批判にどう釈明するのか‼️  

                                                                                                                                 以上

🅿️瀧さんの作品公開はすすめたが、保釈は間違いだったと言わざるを得ない‼️「麻取」は芸能界に甘過ぎる‼️”森喜朗“五輪委員長の“ナワバリ”から何故問題が続発する⁉️

⑴関係者は本気で覚せい剤を根絶する気なし

 

   「早く瀧に会いたいなー🤪🤪🤪🤪🤪🤪🤪🤪🤪🤪🤪 」テクノユニット「電気グルーブ」  石野卓球氏のツイッターでのツイート引用

 

    芸能界から覚せい剤(麻薬、コカイン、大麻等全ての違法薬物を含む、以下同じ)を完全に追放しないといけないのに、全く無反省に「はやく瀧に会いたいなー🤪🤪🤪🤪🤪🤪🤪🤪🤪」とはどういうことか?

 

「貴方も覚せい剤常習者仲間ですか⁉️」と問いたい。

 

    今は、逮捕、拘留されたことが身にしみて、本人が薬を止めようと決意しているとしても、このような友達や「まぁイイじゃないか⁉️」感覚のファンに囲まれたら、また、元の木阿弥になりかねない。

 

    この状態では、ピエール瀧容疑者がまた手を出すこと間違いなしだ‼️

 

    裁判所の“甘さ”をみてると、司法まで覚せい剤をやってる仲間じゃないかと邪推してしまう。それほど “甘過ぎ” る。

 

    「麻薬取締官」(麻取)についていえば、馴れ合いという印象が払拭し切れない。ドップリと違法薬物に浸かった芸能界、音楽界、スポーツ界から一年に一人か二人を見せしめのため、逮捕して、生け贄にし、大方はお目こぼししているように思えてならない。

 

⑵ 芸能、音楽、スポーツ界は文教族のドン ”森喜朗“ 五輪委員長の金城湯池

 

    ”森喜朗“ 五輪委員長は生粋の文教族だ。西岡赳夫、藤波孝生三塚博海部俊樹らと共に、最盛期の「日教組」と対峙し、当時の文部省、文部行政を支えた功績大なる人物だ。

    この人達が反対したら文教政策は何も通らない。自民党文教部会、文教制度調査会を抑え、絶対に通さない。その最右翼が、森喜朗氏だ。文部大臣経験もあり、実行力も抜群だ。「日本音楽著作権協会」の権益を拡大し「スポーツくじ”toto“」「国民文化祭」を作ったのも森氏。その森氏に反対されたら困るので、芸能界、音楽界、スポーツ界の森事務所詣でが始まった。

 

    一番口うるさい森氏をトップに据えたのが、2020東京五輪だ。

 

    そして、極めて極めて親密な『大成建設』が、メインのオリンピック・スタジアムを落札したことは周知の通りだ。

 

    その関係に匹敵するのが、芸能界、音楽界、スポーツ界だ。

    スポーツ界は、国体はじめ国や県が出す500億円規模の施設建設費や350億円規模の五輪・パラ強化費等の他「totoスポーツ振興基金」から諸団体を通じて流れる「totoスポーツくじ助成金」がある。

    芸能界は、勲章、文化功労賞、文部省選定映画、そして「文化庁メディア芸術祭」。2008年から毎年開かれている文化庁主催事業だ。ここには、過去の受賞者として“ピエール瀧” 容疑者の名前もある。

 

f:id:unominews:20190405123155j:plain

(写真は同芸術祭の公式ホームページの画面引用)

 

    まだまだ有る。「日本音楽著作権協会JASRAC)」は、作曲家、作詞家、歌手の印税を代わって取り立てて配分してくれる。これに苦しめられているカラオケ店、スナック、バー、クラブ、ダンスホール等の恨み節はよく耳にする。

 

    これらの利権が森氏の力によって守られているかわりに、森事務所には作曲家協会会長、作詞家協会会長、スポーツ協会会長、歌手協会会長らが歌手を伴って陳情に訪れる。森氏の選挙運動にこうした有名人が駆り出されたことも周知の通りだ。

 

    芸能界、音楽界、スポーツ界の覚せい剤逮捕者は、江夏豊清原和博プロ野球選手、「チャゲ&飛鳥」の歌手ASKA(本名 宮崎重明)、俳優の高知東生など枚挙がない。特に、女優 三田佳子の次男 高橋祐也は4回、元「RATSA&STAR」の田代まさしは3回、覚せい剤所持等で逮捕され、実刑にも服している。一度やったらやめられない、のだ。

 

    “森喜朗“ 元総理が行くところ問題が起こり続ける。あまりにも強力な政治力と性格のため、誰も、その “ナワバリ” に手が出せないからだ。

 

    芸能界、音楽界、スポーツ界から覚せい剤を本気で根絶する気があるのなら、“ピエール瀧” 容疑者の保釈は、あまりにも安易で、絶対にすべきではなかった。何故なら、子どもたちの憧れの人が、ズルズルと続けていく姿を見るからだ。

 

    子どもの心に“覚せい剤やっても、簡単に保釈されるじゃん‼️” と刷り込まれ、将来、必ず、覚せい剤の常用者は爆発的に増えるだろうことを憂うる。

 

覚せい剤の恐ろしさ「悪魔のささやき」‼️

 

    清原和博被告は、覚せい剤の恐ろしさを次のように語った。森喜朗元総理も、保釈を認めた裁判官も ”特別司法警察員 麻薬取締官“ も、そしてそのファンも肝に銘じるべきだ。

 

本当に恐ろしい薬物。怪物で悪魔で、そのささやきと闘い続けるというのは一生続くと思っている」出典:ウィキペディア、2016年12月24日、TBS系列新・情報7days ニュースキャスター』で逮捕後初となるインタビュー。

                                                                                                                               以上

 

セミオート散弾銃で不審機を撃墜‼️ 怖ろしい“武器搭載攻撃型 ドローン” 完成

⑴ 「モスクワ航空大学」驚異の “武器搭載攻撃型 ドローン” を「YouTube」公開‼️

f:id:unominews:20190402112234p:plain

セミオート散弾銃搭載ドローン

出典:https://youtu.be/v5q--PYfs8Q

「Экспериментальный прототип. Для борьбы с дронами нарушителями.」

 

    「YouTube」で公開された動画をご覧いただきたい。ドローンというよりラジコン機だろう。機首に突き出てるのが、「12ゲージセミオート散弾銃」これを作ったのは「モスクワ航空大学」出典:スプートニク日本 2019年04月02日 00:20

という。

 

    映像では、風船を撃ち落とし、続いて他のラジコン機?を散弾銃で撃墜しているのが、はっきり確認できる。

 

⑵ コンサートを中止させ、山口組本部を攻撃させ、自宅の窓から銃撃も‼️

 

    こんな“武器搭載攻撃型 ドローン”が普及すれば、海外の要人が空港到着時に、空港の外から遠隔操作で銃撃することができる可能性がある。

 

    コンサート、野外ライブ、記念式典といった大きなイベントを、これ一機で中止に追い込めもする。人を撃たなくても、セミオートで連続して銃声が響き、スクリーンが銃撃されるだけで、観客はパニック状態に陥り、イベントは即座に中止となる。

 

    高層マンションの窓越しに個人宅を銃撃することもできる。

 

    山口組本部の襲撃も、機動隊の頭上を越えて本部内を上空から、窓越しに銃撃できることになれば、六代目山口組vs神戸山口組vs任侠山口組のヤクザ抗争に“武器搭載攻撃型 ドローン” が登場するという誰も想像しなかった光景が出現する。

 

航空法違反では罰金50万円

 

    仮に、この“武器搭載攻撃型 ドローン”で、大イベントが中止に追い込まれたとしよう。損害は巨額でケガ人も出るだろうが、罪に問われそうなのは「威力業務妨害罪」「器物損壊罪」「銃刀法違反」「改正航空法違反」くらいだろう。

 

    「改正航空法違反」の場合『飛行禁止空域』『飛行方法』の違反

があっても法定刑は罰金50万円以下(航空法157条の4)でしかない。

 

⑷ 警察の警備無力化の脅威‼️

 

    警察の警備の仕方も、根底から見直さざるを得なくなる。かつてビートルズ初来日の際、警護に当たった山田英雄氏(後の警察庁長官)は、三万人と言われる警察官を動員して、蟻のはいでる隙間もない警備態勢でビートルズを守り抜いた。

 

    だが、それも “武器搭載攻撃型 ドローン” の前では無力だ。ビートルズの宿泊先である東京永田町にある東京ヒルトンホテルの窓から、ジョンやリンゴの姿が丸見えだったことを考えれば、銃撃は簡単なことだろう。

 

    遠隔操作なので犯人を特定できないおそれもある。

 

⑸ 総理以下閣僚、議員全員が被害にー国会議事堂爆撃⁉️

 

    9.11テロ事件のように、本会議開催中に、高性能爆薬を搭載させて議事堂に突入すれば、総理以下閣僚全員とともに衆議院議員全員が犠牲になってしまう。本会議開催の本鈴がなると “議場閉鎖” といって中から出ることも外から入ることも出来なくなる。所在確認の必要はなく、確実に爆撃できる。

 

    何故なら、本会議場は3階まで吹き抜けとなっていて、昼光がとおるよう天井の部分にはステンドグラス部分があるからだ。そこを “武器搭載攻撃型 ドローン” に狙われたらひとたまりもない。

 

    60年安保闘争のときに、この “武器搭載攻撃型 ドローン” があれば数千人の犠牲者が出ていただろう。中国の天安門事件のときにあったら、全員を抹殺することも中国共産党ならやりかねない。

 

    近い将来、メーデーやイベントに参加することは命がけになると考えるとそら恐ろしくなる。堅牢な建物の中でしかイベントが出来なくなるかもしれない。

 

⑹ 「ノストラダムスの大予言」よりはるかに確実に起こりうる “現実の恐怖” ‼️

 

    要するに、政治、経済、文化、日常生活のすべてが、この “武器搭載攻撃型 ドローン” によって危険にさらされるということだ。

 

    議場、会場を強力な妨害電波でバリヤーのように覆うのも有効な防衛手段かもしれないが、「YouTube」では、すでに “武器搭載攻撃型 ドローン” は完成している。

 

    政府、防衛庁警察庁などは大至急、防衛策を講じないと、見たことも聞いたこともない大惨事が起こりかねないだろう。絵空事だった「ノストラダムスの大予言」よりはるかに確実に起こりうる “現実の恐怖” だ。

                                                                                                                               以上

ノストラダムス #ドローン #警備 #安保 #業務妨害#テロ

新元号は『 令和』(れいわ)‼️ 出典は万葉集

    日本の歴史の中で、これほど多くの国民が、新元号の発表を注視したことは、『神武』以来初めてではないだろうか?

 

   菅官房長官から正午前に発表された新元号は『令和 』、その由来は「万葉集」だそうだ。

f:id:unominews:20190401121323j:plain

元号『令和』を総理官邸で発表する菅官房長官(写真はNHK WEB画面写真)

    平成天皇、皇后両陛下の国民に寄り添われた御心と御労苦に衷心からの感謝の意を捧げ申し上げるとともに、新天皇の御即位を慶びと共にお待ち申し上げたい。

 

    平成天皇皇后両陛下は、日本だけでなく、海外においてもその国民の心に真摯に寄り添われた。一例を挙げれば、第二次大戦でオランダ領インドネシアでは、宗主国のオランダは多くの戦死者と虜囚を出した。平成12年5月、オランダ女王陛下の招きで御訪問された両陛下がオランダにご到着された時には、マスコミの論調は刺々しかったという。

 

    しかし、王宮の前にある戦没者慰霊碑に献花され、全国に生中継されているなか、両陛下は一分間にわたって真摯な黙祷を捧げられた。その時から、マスコミの論調は一転して穏やかになったという。

 

    その映像はオランダの少女を抱きしめられる皇后陛下のお姿(写真下)とともにオランダ全土に報道され、オランダ国民の心をときほぐしたという。

f:id:unominews:20190401121551p:plain

オランダの少女を抱きしめられる皇后陛下(写真はYouTubeの画面写真)

    すべての御訪問国で、“奇跡” ともいわれたそのお言葉、その仕草、常に御自分のことより国民の心を思われているからこそ、出てくるもの。

 

    すべての国の国民を思いやりの心で包まれる御心。

 

    それを、古来 “大御心” と言い習わしてきた。その心こそが、平和の根源であり、新元号を待ち焦がれる日本人が生まれ持った大きな宝と言えるのではないだろうか。その平和の中から『和』の一字が採られた。

 

   保育園に通うある男の子は、『あ』が付いてほしいといい、そのお母さんは「ドキドキです!」と発表の時を待っておられた。『令和』と決まったが、大切に守り伝えてもらいたい。

 

    新元号と新天皇の来るべき御即位を国民とともに御祝い申し上げたい。

何でもかんでも警察丸投げでいいのか❗️ 妻(28)ヒザにすり傷 夫(25)逮捕⁉️

f:id:unominews:20190401105119j:plain

全国警察本部の総本山「警察庁」(出典:ウィキペディア



⑴ 八ッつぁん、クマさんの長屋では⁉️

 

クマさん   “おう、八ッつぁんよ!えれぇこッたぜ”

八ッつぁん   “何んでェ 何んでェ”

 

クマさん   “何んでもよ、尾張の国でよ、車を片手運転して

      フラついたのをカカァ(妻女)に注意されたのに

      腹ァ立ててョ、引きずり出して、ケガぁさせチマって、お縄になったらしいぜ”

八ッつぁん   “カカァ引きずり出しちゃいけねーやな!

      で、カカァのケガってのは大丈夫なのかい?”

クマさん   “大丈夫も何も、ヒザをスリむいたってんだから”

八ッつぁん   “それでお縄になったんかよ?  へぇー、そりゃ大ごとでェ。”

 

クマさん   “お江戸で、そんな事になったら、ウチの長屋は空っぽになっちまうやね‼︎

      えれェこった、えれェこった‼︎”

八ッつぁん   “何んでウチの長屋が空っぽになるんでェ?”

クマさん   “夫婦げんかですり傷なんざ、ウチの長屋じゃ

      日常茶飯事じゃねえか!ウチのカカァなんざ、

      鍋は投げるは、みそ汁の椀は投げるは、

      こちとらァ生傷が絶えやしねえ!

      じゃ、何けえ?

      ウチのカカァもお縄になっちまうんじゃねえか?

      そんな事になったら、カカァなしで、

      ウチのガキはどうすりゃいいんでぇ😫”

八ッつぁん   “何バカなこと言ってヤンデェ!

      そんな事になった日にゃ、やつがれ(俺)もテメェも、

      それこそ長屋中空っぽになっちまう!

      ウチの長屋が空っぽになるってことはだ、大江戸八百八町の長屋が

      空っぽになるってことよ!”

クマさん   “そうだよ。えれェこった‼️”

 

八ッつぁん   “クマさんよぅ?オメェ「杞憂」って言葉、聞いたことねぇか?”

クマさん   “ねぇけど、何デェその「キユウ」ってのは?”

八ッつぁん   “昔々の中国に「杞」ってう国があってよオ、そこに住んでいた人が

       「天の空が崩れ落ちてきたらどうしよう」といつも心配していたってんだ!”

クマさん   “なに馬鹿なこと言ってんだ!ンなこと、あるわけねぇだろ!”

八ッつぁん   “そうだよ!起こることのねぇことを心配することを

      「杞憂」ってんだよ!長屋に誰もいなくなったら

       日の本は回んなくなっちまうんデェ!”

クマさん   “そうか!そうだよなぁ!”

 

八ッつぁん   “第一、お縄にした大江戸八百八町の民百姓を、

       どこに入れるってんデェ?”

クマさん   “そりゃ、お牢じゃねえか?”

八ッつぁん   “バカ言うんじゃねぇや!大変な人の数だゾ!

       入りきる訳ァねぇだろが⁉️”

クマさん   “そりゃそうだ、ちげぇあねぇ‼️”

八ッつぁん   “名奉行の大岡様がそんなことで、お縄になさる訳ァねぇだろ!

       人殺しとか押込み強盗とか詐欺師とかをお縄にするのが奉行所で、

       夫婦のことは夫婦で解決するもんデェ。

       それでダメなら大家か組頭がとりなしをするってのが順序ってもんだ。”

クマさん   “じゃあ、心配ぇねぇな?”

 

八ッつぁん   “夫婦は、喧嘩するほど仲いいって言うじゃねえか。”

クマさん   “夫婦げんかは、犬も食わねえっていうしな!

      安心したら腹へってきやがった。

      帰えって、かかあに飯食わしてもらわあぁ!

     またな、八ッつぁん👋🏻 ありがとよ❗️”   

                                                                                                     〈チョーン❗️〉

 

三重県尾鷲署に突き出された夫(25)傷害容疑で逮捕。妻(28)擦り傷

 

    「子供同乗する中...片手運転注意され立腹 28歳妻を車外に引きずり出しケガさせた疑い 25歳夫逮捕」出典:東海テレビ 2019年3月31日 は、次のように報じた。 

    「妻は左ひざを擦って軽傷です。 警察によりますと、ドライブ中に夫の片手運転で車がふらついたため、助手席にいた妻が注意したところ、夫が憤慨して路肩に車を停め、妻を引きずり出した際にケガをさせたということです。

 夫はトラブルのおよそ30分後、妻に連れられて三重県警尾鷲署を訪れ、その後逮捕されました。警察の調べに対し、夫は『間違いありません』と話しています。

 後部座席には、子供2人も乗っていたということです。

 

⑶ 『世の中は進歩したと見ますか⁉️』

(出典:国会会議録470404 参議院予算委員会[原文]「○玉置和郎君 そこで総理、お伺いしますが、総理は、人間の真の幸福と関連して、世の中は進歩したと見ますか。

 

    八ッつぁんやクマさんのいう通りだ。家庭のもめごとを解決する “家族力” というか “ 絆 ‘ というか、”人情“ というか、そういうものが無くなってきたことが懸念される。

 

    紛争解決の努力を怠って、なんでもかんでも警察に丸投げし、家庭内、地域内、学校内、職場内へドンドン警察が入り込んだら、将来どうなるのか⁉️

 

    何でも警察のいうことを聞かなくてはいけなくなる未来が見えるようだ‼️

 

    家族の中にも、地域においても、学校においても、職場においても同じ症状に侵されつつある日本は、はたして ”進歩した“ と云えるのだろうか⁉️     

(以上)